メディカルトレーナーやスポーツトレーナーの仕事とは?

トレーナーとして「人の役に立ちたい!」と思っている人も、一体トレーナーがどんな仕事をしているか知っていますか?ここでは、メディカルトレーナーやスポーツトレーナーについて具体的な仕事内容をご紹介します。

繊細な仕事が大事なスポーツトレーナー

メディカルトレーナー,スポーツトレーナー

スポーツトレーナーは、表舞台に立つ事無く、スポーツ選手やトレーニング者を支える縁の下の力持ちです。心身のコンディションを良好に整えて、常に最高のパフォーマンスを発揮する為には欠かせない存在です。なので、運動能力をアップする為の基礎トレーニングを指導したり、怪我の応急処置やリハビリをサポートしたり、試合に向けてしっかり心身のコンディションを調整指導したりする事が、主なスポーツトレーナーの役割になります。
昨今は、スポーツ選手に限らず一般人も様々なスポーツを楽しむ人が増加し、トレーニング指導を行う対象者がプロのスポーツ選手から一般人へと活躍の場が広がっています。トレーニングを行う相手の体質、健康上の課題、性格、目標等を把握した上で、個々に合わせた丁寧な指導を行う事が求められています。なので、スポーツトレーナーと言うのは、競技に精通している他にも、身体の関わる幅広い知識、相手とのコミュニケーション能力等も必要となっています。

スポーツトレーナーの仕事について

メディカルトレーナー,スポーツトレーナー

スポーツトレーナーとは?

スポーツトレーナーは、常にアスリート選手が最高のパフォーマンスを発揮する事が出来るように、トレーニングや身体、心のコンディションを管理する仕事です。ただ単にトレーニング指導を行うだけではありません。また、選手が抱える怪我やスポーツ障害にも対応する事が出来なければならない為、テーピング技術や方法と言った応急処置をはじめ、医療に関する知識や資格も求められています。プロスポーツ選手のトレーニングを任される事も多く、スポーツトレーナーと言うのはプロスポーツ選手以上に心身に詳しい知識や技術を習得していなければなりません。このように、スポーツトレーナーは選手達から信頼を得る事が難しい大切な仕事なのです。

2タイプに分類されるスポーツトレーナー

・アスレティックトレーナー
アスレティックトレーナーは、メディカルコーチとも言われており、主にチーム内で医療分野に携わるスポーツトレーナーになります。選手へテーピングしたり、マッサージ治療を行ったりします。こうした選手へのケアと言うのは、密にチームドクターや理学療法士達と連携してコミュニケーションを取りながらトレーニング内容を決定していきます。 特に、選手生命に大事なリハビリメニューを立てていく際には、メディカルチームとの連携が大切になります。このように、普段から怪我と隣り合わせのスポーツ選手にとってアスレティックトレーナーは頼れる存在になっています。他にも、選手は自分の家族のサポートも重要になるので、家族に対しても食事に関しての栄養や健康管理等のセミナーも実施されています。
・コンディショニングコーチ
コンディショニングコーチは、フィジカルコーチとも言われており、主に各スポーツに適したトレーニングを選手に提案し身体能力アップをサポートします。年間を通したトレーニング計画をチーム監督・コーチと相談しながら決定し、筋力トレーニングの他にも選手のコンディションもしっかり調整して指導を行っていきます。

このように…
スポーツトレーナーと一言で言っても、スポーツや身体に関わる幅広い知識、スキル、経験が求められる他にも、選手との信頼関係を築くコミュニケーション能力も非常に重要になります。この能力がトレーナーにあってこそ、質の高いトレーニングケアを選手に提供する事が出来るのです。

スポーツトレーナーの仕事内容とは?

スポーツトレーナーは、選手にとって一番信頼される存在の職業でもあります。選手が優秀で華々しい成績を収めている陰には、優秀なスポーツトレーナーによるトレーニング計画や怪我予防、身体ケアがあります。
スポーツトレーナーの働く職域に関しては極めて広範囲となっており、主にメディカルスタッフ、コンディショニングコーチ、一般のフィットネスクラブ等が職場に該当します。また、プロスポーツチームとトレーナー契約を交わした場合には、専門的な医療分野を任されるメディカルスタッフ、選手のトレーニング管理を行うコンディショニングコーチとして働くケースが多いです。所属チームによっては1人で何役もトレーナー業をカバーしなければならない時もあり、スポーツトレーナーは多くの知識や技術を持っていなければなりません。 また、企業や会社が運営している社会人チームでスポーツトレーナーとして働く場合も、トレーナーとしての役割はプロスポーツチームの現場と殆ど内容は変わりません。他にも、一般のフィットネスクラブ、病院、整体院等でもスポーツトレーナーとして働く事が出来ます。
どの現場で働く事になっても、スポーツトレーナーは常に選手が最高のパフォーマンスを発揮する事が出来るように、十分な練習量やトレーニングで身体を良好な状態に支えていく事が使命になっています。スポーツトレーナーは、選手が怪我をしないギリギリのラインを見極めて個人に合ったトレーニング指導を行う事が求められている仕事になります。

メディカルトレーナーの仕事について

メディカルトレーナー,スポーツトレーナー

メディカルトレーナーとは?

メディカルトレーナーは、スポーツトレーナーのジャンルの一つになります。主に、肩こり、腰痛、捻挫、打撲と言った身体に何らかの痛みを抱えた人に対して、日常生活の動作方法、暮らしに適した指導、筋力アップのトレーニング指導等を行います。 メディカルトレーナーになる為は、国家資格である柔道整復師等の資格を取得しておくと就職に役立ちます。特に国家資格が必須と言う事では無いのですが、職域の場が大きく広がります。メディカルトレーナーには、身体の仕組みについて精通している事が必須となりますので、解剖学、整形外科学、臨床総論等、専門知識や身体症状別のトレーニング方法技術を専門学校等で学び習得する事が大切になります。 人と接する仕事である為、患者さんから身体症状の話をしっかりヒアリングして、的確な治療アドバイスが出来る、コミュニケーション能力、気持ちを察する事の出来るヒューマン能力も大事になります。

メディカルトレーナーの仕事内容とは?

メディカルトレーナーは、スポーツ選手、スポーツジム、フィットネスクラブ等で、運動機能をアップさせたりや健康的な身体作りのアドバイスを行ったりする仕事です。とは言うものの、本人の怪我自体を治療していく役目は医師であり、歩行訓練のリハビリ等に関しては理学療法士が主に担当します。
メディカルトレーナーが担当する役割と言うのは、本人が一通りの治療、運動療法、物理療法等を用いたリハビリ終了後、少しでも早く元の生活や競技生活に戻れるように身体のサポートを行います。トレーニングを行う人の年齢、性別、身体能力等、安全で効果的なトレーニングメニューを個人別で立てて指導を行っていきます。ジムやフィットネスクラブを利用する目的と言うのは、ダイエット、体力作り、メタボ対策、ボディメイク等、色々あります。メディカルトレーナーは、個々の目的に合わせたメニューを立てて、少しずつ身体結果を出し、運動の習慣化を促していきます。
特に、メディカルトレーナーになる為には、必要な資格と言うのはありません。しかし、基礎医学、メディカルマッサージ、スポーツ医学、東洋医学概論等、トレーナーとしての幅広い知識を習得しておく事が求められる仕事になります。メディカルトレーナーの中には、医療系の国家資格である柔道整復師や理学療法士を取得している人も沢山います。スポーツチームをはじめ、最近は介護施設等で高齢者の運動能力回復トレーニングに携わる人も増加傾向にあります。