国際ビジネスの要、越境ECとはどういうもの?

越境ECえっきょうイーシー、縁の無い人から見ると聞きなれないものですが、海外からも商品を購入することが多いいま、生活のどこかに知らないうちに関わっていることも多いです。そんな越境ECとは一体どういうものなのか?それについてご紹介いたします。

越境ECってどんなもの?

越境EC

越境ECとはインターネット通信販売において利用されるものとなっており、国際的な電子商取引のことを言います。
国内で使うものではなく、海外の消費者にむけて国内の商品を販売するのに使われている、そんな目的をもって使われているものとなっています。
いまスマホが普及しており、スマホでいつでもオンラインショップを利用できるようになっています。
そのため海外の方が日本の商品を購入することも多くなっており、実際日本には外国人観光客の姿が多くみられます。
しかしいまコロナということもあり海外旅行ができない今、この越境EC市場に日本企業が多く参入している傾向があります。
海外の方々から見ると日本の商品は質がよく、他の国ではなかなか得られない満足度の高いものが購入できるということで非常に重宝されています。
インバウンドで日本の量販店を沢山の海外観光客が来訪、そのたびに大量購入する、そんな姿を見かけていたのが良い例で、日本商品をこぞって求める動きがあります。
海外富裕層だけではなく、日本の商品を輸入して海外で売りたい、そうした目的をもって日本の商品を購入する方が海外には多いです。
コロナでインバウンドは制限されていますが、一部では海外観光客の方々へターゲットを向けており、それで売上を伸ばしていた企業もあります。
そんな企業はいまコロナで海外観光客が来ない中、どう業績を挙げているのか?これが越境EC市場となってます。
直接来日いただけなくなった今、越境EC市場に日本企業は多く参入しており、そこから海外へと商品を輸出し、業績を挙げている傾向があります。
いまオンラインが十分普及しているので、こうした営業戦略を立てられるというのも納得です。
オンラインを通じて海外、世界に向けて商売ができる、以前なら難しい戦略だったかもしれませんが、いまは十分、そしてニーズも高まっているので、多くの日本企業はこれに参入傾向にあります。
また中国、アメリカ、日本の三カ国間における越境電子商取引、これは実は日本のほうが他国よりも業績をあげている傾向があります。
やはり品質のよさ、物作りに特化した手先の器用さが備わっている人が多く、またサブカルチャーも人気があり、漫画やアニメ、グッズの商売が盛んなこの日本でしか手に入れられない、メジャーな商品もマイナーな商品も海外からは注目されています。
日本で爆発的にヒットしたもの、特にアニメは海外のアニメファンも魅了するもの、さまざまな人気商品が日本にはあるので、その分他よりも業績をあげているのが数字としてわかるのかもしれないです。
越境ECはさまざまなメリットもあるのでこれからも、コロナが収束したあとだとしても伸びていくのを期待されています。
そのためこれからドンドン参入していく日本企業、そしてそこを目指して国内でまず規模を大きくする企業も増えています。
販売者も消費者もウィンウィンの市場である越境EC、拡大傾向にあるためこれから更に海外発送が必要な場面も増えていくと見込まれています。
航空輸送、海上輸送、これらが今十分使えますので、こうしたニーズは越境ECを通して拡大傾向にあります。
また更にスマホの追い風と同時に、スマホ向けアプリやSNSを通して日本の越境ECは拡大していくかもしれないです。

メリットがどんどん大きくなる越境EC市場

越境EC

いま拡大傾向にある越境EC、やはりこれにはメリットがあるからこそ拡大傾向にあります。
ではこのメリットはどんなものなのか?それについてご紹介いたします。
先ず販路が広がる事、いままで国内だけで販売していたのが海外輸出もすることになります。
そうすると更に海外からのニーズが増すチャンスを得られ、販路が広がり新規顧客を獲得できるようになります。
日本ではうけなかった商品も海外では別のニーズがあり、その結果新規顧客獲得、またネットが普及しているいま、海外の情報は日本にも舞い込んできます。
その結果、日本での販路拡大も期待できる場合もあります。

つぎにリスクの低さ、海外への販路を拡げられてもリスクが高いとなかなか参入企業というのは増えないものです。
越境ECはリスクをおさえて海外展開ができるというメリットがあり、現地に店舗を構えるために視察にいったりその地に会社を作ることもなく、日本に居ながら海外の顧客に商品を販売できる、そんなメリットがあるので自社商品を販売することができます。
現地で発生するはずだったコストも抑えられますので、リスクが少なく手続きの手間も削減、そんなメリットがあります。
またインバウンドのリピーターを狙える、というメリットがあります。
いままではインバウンドで毎度に訪日してもらっていたのが当たり前でしたが、それも実際リスクがつきもの、なにより海外消費者で月に何度も訪日する人は限られています。
滞在費用などが潤沢に使える層しか狙えないので、やはり幅は狭いものです。
それに、いまのような感染症対策により海外観光客を呼べない場合、こうした海外へのニーズでもっていた企業は総倒れしてしまってもおかしくないです。
しかし越境ECですとネットを通じて今までのリピーターが変わらず購入可能、また滞在費用なども考えず、配送費用のことだけを考えて商品を購入し、国にいるまま日本の商品を購入できます。
そんな利便性により今まで訪日が稀だった人も越境EC市場を通して日本の製品を気軽に購入可能、そのため新規顧客獲得だけではなく、リピーター獲得にも繋がる、そんなメリットがあります。
越境ECはハードルもありますが、それを乗り越えられると無限に広がる販路、そして新規顧客様とのご縁があるものです。
そのため日本企業はいま積極的に参入し、海外へと販路を伸ばしている傾向があります。

ハードルも理解して越境ECを利用

越境EC

越境EC市場に参入したい!そう考えていてもハードルによっては参入が敵わず終る、そんな企業もあります。
ではこの越境ECにおけるハードルとはなんなのか?これについてご紹介いたします。

まず言語、やはり海外の顧客様むけサービスということで販売国の言語を理解するのは最低条件となります。
ただネットショップをおいておくのではなく、サポートにも対応できるようにしておかなければならないです。
次に決済方法、電子マネーやクレジットカードは便利ですが、中には対応していない国もありますので、それをきちんと把握し、決済方法を国ごとに設定しておく必要があります。
次に法律や規制、これも国の法律や文化などでかわりますので、間違いがないように把握しておかなければならないものです。
また、国内のネットショップのような感覚で参入しようとするとコストは割高になります。
新たな体制を築くためにはコストが必要、それをふまえて参入しなければならないです。
また知名度がない状態での集客は難しいので、まずは海外への宣伝や売り込みが必要になります。
さまざまなハードルはありますが、それでもいま日本の越境EC参入は増えています。成功してコロナの中でも実際業績をあげている企業があるようです。